忍者ブログ
来年に向けて



LOUNGE ACT再開に向けて動き始めています。

自分の中でこういう形でやり始めよう思っていたことが
同じ志の人たちによって、もう少し早い段階で形になろうと
しています。

不器用ながらブランド始めて、いまも勉強続けていて本当に
良かったと思います。
LOUNGE ACTからは少し離れましたが、いま学んでいることで
自分の服造りの柱ができた気がしています。

また具体的に見える形になりましたらご報告させて頂きます。
よろしくお願いします。

PR
フロックコートのお話し
LOUNGE ACTの服造りの話とは少し逸れてしまいますが
テーラーでは自分の作りたいものを先生にじっくり教わりながら
授業が進んでいきます。

今はパンツを作っているのですが、いつも脱線して様々な服造り
について教わります。
それが目から鱗の話ばかりでとても面白いのです。

The_Tailor_and_Cutter_and_London_Art_Jou_01.jpg
※ The Tailor and Cutter and London
   Art Journal より





上の図は昔のフロックコートのパターンです。
いまでは見る機会がありませんが、昔は昼夜共の正式な礼装でした。
時代とともに夜用は燕尾服に変わり、フロックコートは昼用となりましたが
それも次第にモーニングコートへと変わっていきました。

先日の授業の中でこのフロックコートの話になりました。
上の製図を見て頂くと前中心(ダブルのボタンになっている間)に切り替え線
があります。
この切り替えている部分を「たつ」と言うそうです。英語では「REVER」。

そしてここの作り方にとても感動したのですが、この「たつ」という部分の端は
実は「わ」になっていて前側と裏側が1枚でつながっています。
(通常コートやジャケットの端は、見返しと呼ばれる裏になる部分と縫い
合わせているため、端は布が4枚になります。)
「わ」にすると1枚を半分に折るので2枚になります。

001.jpg






授業で先生が40年前に造ったフロックコートを見せて頂きました。
本物のフロックコートを手にとって見ることはなかなかできないので
とても良い経験をさせてもらいました。感動しました!

ここでは大変申し訳ないのですが、僕のつたない絵での説明とさせて
頂きますm(__)m
昔は生地が厚かったため燕尾服などもこの技法で作られていました。
いまではフロックコートのみこの「たつ」が残っているそうです。

 
オーバーコートとパンツ制作
IMG_0416.jpg  IMG_0421.jpg  IMG_0424.jpg

前回のブログで紹介していましたオーバーコートが完成しました。
ジャケットの復習ということで制作していたので肩パットを入れていたの
ですが、本当に昔のような肩の大きなコートになってしまったのでパットを
外してナチュラルな肩の作りに修正しました。

これでもサイズも大き目で袖も太いのですが、僕はもともとコートをオーバー
サイズで着るのが好きなのでとても気に入っています。

 64d19b08.jpeg
 b8c57682.jpeg af1ce676.jpeg

こちらは現在テーラーで勉強しているパンツの制作途中のものです。
パターンはシンプルなのですが、アイロンによるくせとりという作業によって
穿きやすいパンツの形を作っていきます。
上の写真はパンツを横から撮ったものですが、足の形にあわせてカーブ
しているのがわかります。
(右の写真は前の裏側の部分・・・こういう仕立てをしたことがないので
悪戦苦闘しているところです、、)

fb8768e7.jpeg 8bf03fc4.jpeg

※the cutter's practical guide より

1890年代イギリスの裁断書ですが、このときからパンツを穿いたときの
動きが考えられアイロンによるくせとりの技術もあったようです。

大量生産や商品の価格のため、ここまで動きやすさを追求してくせとりまで
されているパンツを造ることは難しいですが、僕のように自分で縫うことの
できる人たちが少しづつでも伝えていくことができたらと思っています。


昔、町にあったテーラーのように服を造る人になりたい。。そしてその服を
着た人たちが少しでも嬉しい気持ちになれるように。




 
オーバーコート制作
10281de7.jpeg  cdc8d944.jpeg

今年になって初めての更新となります。今年もよろしくお願い致します。
こちらはセミラグランのオーバーコート(仮縫い)です。
今までテーラーで学んできたことを再確認しながら制作しました。

祖父が注文服店で仕立てたであろうオーバーコートがタンスの中から
出てきまして、50年近く前のものなのでとても重くボックス型の大きい
コートです。肩幅が50センチもあります!
  070.JPG
 071.JPG 
                 (脇の部分にスレ止めの革が付いています。)
でもこの重くて硬い生地、色、雰囲気が好みで僕が造ったのかなと思う
ようなコートでしたので、これをベースに造ってみることにしました。



032.JPG 041.JPG

特に縫うことが好きで、段々服の形になっていくのが楽しいです。
服造りの世界に入ったのも服を形にすることに魅力を感じたから
でした。
単純ですがポケットも自分の手で作ることが出来るんだと感動していました。

051.JPG 056.JPG 062.JPG
(singer188 足踏みミシンで縫製・・・そのうちモーター付ける予定)

今回テーラーで学んだジャケットの工程と同じ方法で造っていったので
イメージ通りにいかない部分がありまして、先生に見てもらって方法を教えて
もらったので今直しているところです。
セミラグランはセットインの袖と同じ形ですが、袖の側面の真ん中に切り替え
があって、その切り替えと肩線をつなげてラグランスリーブにように見せると
いう袖です。
先生曰く、正式にはスプリットスリーブと言うそうです。

完成しましたらまた紹介いたします。

                                                                  



 
  
 
| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
LOUNGE ACT
性別:
男性
お問い合わせ
フリーエリア
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny